競売にはじめて参加する方へ

競売物件とは?

競売とは、民事執行法に基づいて裁判所が手続き窓口となり、不動産をお金に変える仕組みのことを指します。つまり、通常の不動産の購入と違い、不動産業者などから仲介してもらうわけではなく、全て自己責任で書類等を作成し、手続きをして入札から引渡しまでの全てを行います。裁判所も仲介はいたしません。物件について瑕疵などの責任を取るわけではないので、入札者の知識と経験も多分に必要となります。

競売物件は安いのか?

競売物件により、様々です。
しかし、現在の落札のほとんどは法人が行い、業者が仕入れを行い、再販を行っているのが現状です。
ですので、ほとんどの物件は、一般流通物件より安いのは事実です。
最近は、『激安』物件も少なくなっている為、リスクを回避する為にも、物件を見極める為の知識と経験がより重要となってきています。

 

競売物件は、いわくつきの物件では?

競売物件だけでなく、一般流通物件であっても、事故物件はあります。
どちらも購入前、もしくは入札前にわかります。競売物件であれば3点セットに記載があるので、見ればわかります。

注意点は、3点セットの資料は、ほとんどの場合半年前の状況が記載されてますので、落札した場合には再度確認が必要ですし、事前の現地調査等も重要になってきます。

 

競売物件を入札して落札するとき

競売物件の閲覧期間は2週間、そして入札期間は1週間です。
つまりたった3週間の間に物件を調査し売却基準価額の20%の保証金を指定された裁判所の専用口座に納付し、さらに入札書を作成し、住民票または資格証明書とともに、郵送または裁判所に持込んで入札を行います。
入札後1週間程度たつと開札日になり、競売物件の落札者を決定します。

➡詳しくは、競売の流れを参照

 

競売物件落札のリスクについて

一般流通物件は、宅建業者が介入する事で、ほとんどリスクがないようになっております。
しかし、競売物件は自己責任で行いますので、3点セットの読み漏れや、勘違いによって落札してしまっても自分の責任になります。
リスクを十分に把握して、事前にリスクを回避する事を考慮しながら、競売サポートを受ける事も視野に不動産を取得する事をお勧めします。

 

競売物件を落札したあと

シズハンでは、落札後も収益物件でお考えの方には、賃貸管理サポートを、、、そして、リノベーションをお考えの方には、確実な実績を持っているパートナーとともに、より価値の高い収益物件とするお手伝いが可能です。

また、転売目的で落札の場合でも、買い主の斡旋を行う事も可能です。これは、長く競売、不動産に携わってきたからこそ出来るサポートです。

 

➡競売入札サポートへ

投資物件お知らせサービス
シズハンのマンション無料査定フォーム
シズハンの土地建物無料査定フォーム

facebook

静岡県全域

静岡県西部

浜松市(中区 東区 西区 南区 北区 浜北区 天竜区),磐田市,掛川市,袋井市,湖西市,御前崎市,菊川市,周智郡森町

静岡県中部

静岡市(葵区 駿河区 清水区) ,島田市,焼津市,藤枝市,牧之原市,吉田町,川根本町

静岡県東部

富士市,沼津市,御殿場市,富士宮市,裾野市,駿東郡清水町,駿東郡長泉町,駿東郡小山町,三島市,伊東市,熱海市,下田市,伊豆市,伊豆の国市,東伊豆町,河津町,南伊豆町,松崎町,西伊豆町,函南町

投資物件・不動産投資・競売サポートに関するお問合せ 投資物件・不動産投資・競売サポートに関するお問合せ